おわりに

 おでんに関心を持ってから10年近い歳月が流れた。長いようでもあり、短いようでもあった。「おでん」についてここまで網羅した本はおそらくないと思われるが、それでも僕が気づかない地域の特徴があるかもしれない。これは最初の『とことんおでん紀行』を上梓したあとも、この本を書きあげた今も、同じ気持ちである。読者から新たな情報が寄せられることを期待したい。
 さて、本書に目を通していただければ、全国には実に様々な「おでん」があることがわかってもらえるはずだ。たまに「おでんの定義は何ですか?」と聞かれることがある。これがいちばん返答に困る質問だ。汁気が多かったり少なかったりするし、だしを入れないおでんも存在する。串刺しの田楽も東北地方ではいまだに「おでん」と呼ばれている。けっきょく、「その土地の人が『おでん』と呼んでいる物」が「おでん」なのである。
 例えば、関東から新潟に移り住んだ人が、近所のおばさんから差し入れをもらった。鍋の中には大根や玉子やさつま揚げが煮込まれていた。それを見て「あっ、おでんだ! うれしい」と喜んだところ、「いや、これはおでんじゃないんだ」と言われたという。
 岩手県の海沿いの町では「アワビおでん」という看板を見かけた。さっそくのぞいてみると、昆布が沈められた鍋の中に、串刺しのアワビが浮かんでいた。近くにいた人も興味深そうに眺めていたが「これがおでん?」と納得がいかないようだった。
 道路網が整備されて流通が発達したうえ、インターネットの普及で情報化社会に拍車がかかっている。全国どこに行っても同じようなチェーン店が立ち並び、全国的に均一化が図られているような印象も受ける。
 ところが、「おでん」は見事といっていいほど地域に根づいていた。しかも、その違いさえ知られていない。
 各地のおでんの違いが見えてくると、そのつながりの不思議さにも感心させられる。北海道の夏に食べられる「味噌おでん」は津軽海峡を渡って青森市に伝わり、普通に味付けしたおでんに「しょうが味噌」をかけて食べるようになった。岩手県の釜石市で普及していた「しょうが味噌」は、青森出身者が広めた物だった。宮古市の「からし味噌」は、おそらく四国出身者が伝えた物だろう。
 北海道で見つけた「マフラー」という巨大なさつま揚げは、長崎では「オランダ揚げ」と呼ばれていて、沖縄では「つけあげ」として存在していた。長方形の大きなさつま揚げは、かまぼこが半円型になる前の物を揚げたようで、そのルーツは京都にあったということもわかった。
 また、日本のみならず、韓国や台湾にもおでんが根づいている。韓国では「おでん居酒屋」がブームになっていた。明太子やキムチが日本で食べられるのと同じように、韓国では一般的な食べ物になっているのだ。数年前には、コンビニのローソンが中国に進出して、上海を中心におでんが流行しているという。日本のおでんは、こうして徐々にその世界を広げつつある。
 おでん調査の旅は、主に50ccのプレスカブで行なった。最初の『とことんおでん紀行』では、テントを持たずにマットを敷いて寝袋で寝ていた。10月から1月にかけての旅だったので、寒さに凍えた日もあった。そんなときに味わうおでんは、心まで温めてくれた。
 2度目の『とことん亭のおいしいおでん』の取材は夏に行なった。蚊の対策に小さなテントを持参したが、これが蒸風呂のように暑かった。真夏の沖縄でおでんを作ってもらうというのも、今にしてみれば無謀だったのかもしれない。
 この本をまとめるに当たって、今年の春から夏にかけて、各地のおでん屋を再訪し、写真をあらためて撮り直している。さすがに今回は移動距離が長いのと、撮影機材が多かったこともあり、車を利用した。カブの野宿時代と比べると、車中泊は快適の一言だった。
 おでんを食べた日数や回数はすでにわからなくなってしまったが、日本の食文化をたどる旅は、いったん箸を置くことにしよう。次はいよいよ海外のテーマに挑むことになる。まずは、「日本のおでん」の前から関心を持っていた「インドのカレー」を食べ歩くつもりだ。読者のみなさんと、旅の空の下で食卓を囲むことを祈りつつ−−。

2004年11月20日 新井由己

戻る